ホーム > 教育 > 仕事の魅力は給料が全てではない

仕事の魅力は給料が全てではない

当時20代中盤。
仕事を3年ほどしていた時期で、それくらいの時期になると、友人間の間でも仕事の格差がはっきりしていて、今の会社の給料・昇給ペースに不安を感じるところがあり、私のまわりでは、ちょっとした転職ブームが起こりました。
私の場合はとにかく給料よく稼げる仕事をしたく、モデル年収が1千万超えが多数いる会社に転職しました。
結論からいうと、給料は大幅にあがり、3年目には収入が倍以上になりました。
ですが、若干転職を後悔しています。
収入が倍になると税金が2倍という訳ではなく、一定の収入が上がると税率は大幅にあがり、手元に残るお金は2倍というわけにはならないですし、何よりも一ヶ月に休みがない。
とれても休みが1日2日というのもザラで、勤務時間も一日平均14時間くらいになり、遊ぶ時間が作れなくなりました。
また、仕事のストレスも増え、お酒を飲む量や食事にかける金額も増えていき、収入があがっても決して充実した日々を遅れているような感覚はなくなってしまいました。
まわりを見ていても、必ず最初に努めた会社というのは、給料が安いとか休みが少ないとか不満をかかえてやめてしまう人も多いですが、しっかり、今勤めている会社のいいところも理解してから転職はした方がいいです。

保育園パート.com

関連記事

仕事の魅力は給料が全てではない
当時20代中盤。仕事を3年ほどしていた時期で、それくらいの時期になると、友人間の...
テスト
テスト記事です。...